すてきにアロマ生活

アロマテラピーで気をつけたいこと

安全に使うために

 

精油を安全に使うために、守っていただきたい事があります。
精油は正しい使用法を守れば、特別に、危険なものではありません。

bpepper

 

 

原液を、直接肌に塗らない。

 

 

皮膚についてしまったら、
大量の水で洗い流しましょう。

 

 

内服・飲用はしないでください。

 

 

点眼しない。

 

 

引火する可能性があるので、
台所での使用は、十分注意しましょう。

 

 

子供や、ペットの手の届かない所に、保管して下さい。

 

 

精油は、製造時より成分の変化が始まっています。精油の消費期限は、
未開封なら約2年、開封したら1年程度、柑橘系は約半年です。
キャップをしっかり閉めて、冷暗所に保管して下さい。

 

 

芳香浴として使用している時は、換気をすることも大切です。

 

 

まずは、ごく少ない量から、ご使用することをおすすめします。

 

 

お年寄りや、既往症のある方のための注意

 

お年寄りや、既往症のある方、敏感な体質の方は、香りに反応しやすいので、
不快感を感じるようであれば、アロマテラピーは、しばらく中止しましょう。

 

 

妊娠中の方の注意

 

妊娠中は、体調が敏感になっています。妊娠時に使用すると、危険な精油もありますので、
専門家にご相談することをおすすめします。

 

 

乳幼児、子供のための注意

 

3歳未満の乳幼児には、芳香浴法以外はおすすめしていません。
小さな子供は、大人よりも精油の影響を受けやすいため、3歳以上の子供でも、
大人より少ない量で、使用することをおすすめします。

 

 

精油に似た外見の、合成オイルに注意しましょう。

 

アロマテラピーで使用する精油とは、天然原料として抽出されたものです。
合成の芳香剤のポプリ香料などとは、異質のものです。
合成オイルはアロマテラピーのための精油として、使用することはできません。

 

 

光毒性の可能性のある精油に注意しましょう。

 

精油の中には、皮膚に塗った状態で、日光などの強い紫外線を浴びると、
皮膚に炎症を起こす成分の入っているものがあります。
特に、ベルガモット・レモン・グレープフルーツなどの、柑橘系の精油に含まれます。
光毒性の可能性のある精油を、使用した後の外出には、十分にご注意して下さい。

 

 

どなたでも、快適と感じる範囲で楽しむことが一番です。

 

 

異常を感じたら、使用を中止し、必要があれば、医師の診察を受けることをおすすめします。