すてきにアロマ生活

アロマテラピーの楽しみ方

アロマテラピー マッサージ

 

芳香浴

 

アロマポット、アロマライト、エッセンシャルオイルディフューザー、などを使用して、
空気中に香りを拡げていきます。
手軽なものには、ティッシュペーパーなどに、精油を1〜2滴垂らして、枕元や机の上などに、
置いたりします。
キャンドルを使用する時は、火の扱いには十分注意してください。

 

 

アロマバス

 

浴槽に少しぬるめのお湯をためて、精油を滴下します。
初めは1滴から、最大でも5滴までにしてください。
精油を落とした湯はよくかきまぜてから、入浴するようにしてください。
精油は水に溶けないので、肌に直接つきます。
量には十分気をつけましょう。
気になる方は、天然の塩や植物油に精油を落として、混ぜてから浴槽に入れることを、
おすすめします。
5ml程度の植物油や天然塩で、薄めてください。
肌に何らかの刺激を感じたら、すぐに洗い流し、使用を中止してください。

 

 

フットバス

 

両足が十分入るくらいの洗面器や容器に、少し熱めの湯を入れます。だいたい、
くるぶしが入るくらいです。
精油を2〜3滴くらい入れて、よくかきまぜます。
5〜10分くらい足を浸しましょう。
体が温かくなります。

 

 

ハンドバス

 

とてもお手軽にできるのが、手浴です。
両手を入れて、手首が入るくらいまでの、少しぬるめの湯を入れます。
精油は2〜3滴くらいです。よくかき混ぜてください。
5〜10分くらい手を浸します。

 

 

温かいタオルや冷たいタオルでの湿布

 

洗面器に熱湯を入れ、精油を1〜2滴入れます。タオルを浸し絞ります。
熱いので、やけどには十分気をつけてください。痛いところなどに当てます。
また、冷水で浸して、冷湿布にもできます。
長時間湿布しますので、皮膚に刺激がないか確認してください。

 

 

セルフマッサージ

 

マッサージは、入浴後に行うと効果的です。
マッサージ用の植物オイルを用意します。
精油は、植物オイルの量に対して、1%濃度を目安にしてください。
初めは、半分以下の量で試してから、使用することをおすすめします。
精油1滴は0.05mlです。

 

(例)
10mlの植物オイルに希釈する時は、2滴(0.1ml)までです。
香りの強い精油は、それ以下がよいでしょう。

 

 

肌トラブルをさける為に、パッチテストをする事をおすすめします。
パッチテストの仕方は、マッサージ用に作ったオイルを、前腕部の内側に適量塗り、
24〜48時間放置します。
肌にかゆみや、炎症などが起こったら、大量の水で洗って、使用するのを控えてください。

 

 

他にも、ルームフレッシュナーや、洗濯、掃除にも使用することができます。

 

アロマショップ旅籠屋丸一 購入はコチラ